マーク 社会福祉法人豊川市社会福祉協議会
Google豊川市社協サイト内検索
ホーム ボランティア・市民活動 高齢者相談センター(地域包括支援センター) 成年後見支援センター

豊川市民生委員児童委員協議会


民生委員・児童委員はこんな活動をしています

民生委員は、厚生労働大臣が委嘱し豊川市では298名が各担当区域を持ち、
活動しています。民生委員法第14条には、職務について下記のとおり明記されています。
  1. 住民の生活状態を必要に応じ適切に把握しておくこと。
2. 援助を必要とする者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように 生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと。
(一部抜粋)

また、民生委員は児童委員を兼ねており児童委員の活動については、児童福祉法
第17条にはその職務について下記のとおり規定されています。
  1. 児童及び妊産婦につき、その生活及び取り巻く環境の状況を適切に把握しておくこと。
2. 児童及び妊産婦につき、その保護、保健その他福祉に関し、サービスを適切に利用する ために必要な情報の提供その他の援助及び指導を行うこと。
(一部抜粋)

このように民生委員・児童委員は、担当区域の一人暮らし高齢者の方や障がいを持つ方の
見守り訪問を行い、地域の子どもが健やかに成長していくことができるような手助けを行っています。

規約及び内規について

 豊川市民生委員児童委員協議会規約はこちら
 豊川市民生委員児童委員協議会専門委員連絡会内規はこちら
 豊川市主任児童委員連絡会内規はこちら
 豊川市民生委員児童委員協議会慶弔規程はこちら

民生委員表彰等一覧を作成しました。

今後、民生委員児童委員活動をしていくなかで、1つの目標としていただければと思います。

民生委員表彰等一覧はこちらです。

赤い羽根共同募金への協力を行いました

平成29年10月7日(土)・8日(日)に桜木地区民生委員児童委員協議会、 小坂井地区民生委員児童委員協議会が街頭募金を行いました。

桜木地区街頭募金の様子
【10月7日(土)午前10時〜午後2時 豊川稲荷総門前】

 

小坂井地区街頭募金の様子
【10月8日(日)午前10時〜午後3時 葵まつり会場(小坂井生涯学習会館前】

 

各地区街頭募金の実績額については、下記の通りです。みなさまからお寄せいただいた募金は、
愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会を通じて愛知県共同募金会に送金されます。

桜木地区街頭募金  17,041円
小坂井地区街頭募金 22,732円  合計 39,773円


全体研修を開催しました

豊川市民生委員児童委員協議会では、毎年民生委員・児童委員としての資質向上の為に全体研修を
開催しています。平成29年度は、下記の通り研修会を開催しました。

開催日時
平成29年9月26日(火)午後2時〜午後3時まで

開催場所
豊川市御津文化会館(ハートフルホール) 文化ホール

講師
豊川市社会福祉協議会 地域福祉課 小林弘行課長補佐

研修内容
生活困窮者自立支援法は、平成27年4月から施行され、生活上のさまざまな課題を抱えた方に包括的な相談支援を 継続的に行うことにより、自立の促進を図ることを目的としています。
「生活福祉資金貸付制度」は、生活困窮者自立支援制度と連携して、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、 その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。
本貸付制度では、資金の貸付けによる経済的な援助にあわせて、地域の民生委員が資金を借り受けた世帯の相談支援を行います。
より良い相談支援が行えるよう、制度の意義、運用について学びました。

当日の様子


一宮地区民生委員児童委員協議会が希全の里の総合防災訓練に参加しました。

訓練日時

平成29年9月1日(金)
午前 9時30分 各ボランティア希全の里到着
午前11時30分 訓練終了
その後 非常炊き出し班による非常食試食しながら反省会議
午後 0時30分 解散

訓練参加者

一宮地区民児協      17名(男8名、女9名)
なかよし会(ボランティア)12名(男7名、女5名)
施設職員         40名

訓練場所

豊川市一宮町上新切33−267
愛厚希全の里(障がい者支援施設)

訓練内容

1. 応急処置体験
2. 施設利用者 197名全員屋外避難
3. 利用者避難誘導にあたり煙のトンネル体験
4. 警戒解除後、利用者を居室に戻す
5. 消火器取扱い訓練

感想

1. 毎年の訓練ですが、今年は消防署のクレーン車が整備中の為、 施設内の回転スロープを利用し登りくだりが大変難儀でした。
2. ボランティアの高齢化を危惧しています。


総合防災訓練の様子

 


福祉チャリティーバザーを開催しました

 豊川市民生委員児童委員協議会は、市民のみなさまから善意でお寄せいただいた物品を展示即売し、 その収益金を豊川市の福祉事業へ役立てていただく、「福祉チャリティーバザー」を実施しています。
昭和56年度から始まり、平成29年で37回目を迎えました。
 今年の福祉チャリティーバザーは、豊川市勤労福祉会館で平成29年8月26日(土)に開催しました。
今年の来場者は約800人に及び、午前9時30分の開場前から多くの方が並ばれていました。

バザー当日の様子、収益金贈呈式の様子

 

収益金962,783円については、豊川市社会福祉協議会へ寄付し、豊川市の福祉活動に役立てられます。

鎌田 實氏による記念講演会を開催しました。

 去る8月11日(祝・金)に豊川市文化会館大ホールにおいて、民生委員制度創設100周年・ 児童委員制度創設70周年記念事業として、「鎌田 實氏講演会」を開催しました。
 当日は1,000人以上の参加者で賑わい、鎌田先生のユーモア溢れる話に引き込まれ、 大盛況の中、記念講演会を終えることができました。講演中に流れたチェロの曲は「ふるさと〜プラハの春〜」で検索できます。
 また、記念講演会と同時に大ホールロビーにおいて、民生委員児童委員が創作した川柳の展示を行い、 日頃の活動を一般の方々に知ってもらう場を設けました。

当日の様子




平成29年度視察研修を実施しました。

 去る6月22日(木)から6月23日(金)の1泊2日で平成29年度視察研修を実施しました。
 視察研修は3年にわけて、298名の民生委員児童委員が参加をするものです。
今年の研修先は静岡県御殿場市にある、東海北陸地区唯一の国立ハンセン病療養所 国立駿河療養所でした。

視察先の様子



小坂井地区民生委員児童委員の方から掲載許可をいだだいた視察研修報告は こちら

視察研修アンケートには・・・
・ハンセン病に対して深く知ることができて良かった。
・ハンセン病についてはほとんど知識がなかったのでとても良かったです。
 民生委員としての幅が広がった気がします。
・ハンセン病とか病気のため、大変な差別が、つい最近まで続いていたということ、
 人権まで無視されていた患者さんの現状等大変勉強になりました。

など、多くの意見をいただきました。


平成29年度総会を開催しました。

 去る5月18日(木)に豊川市文化会館中ホールにおいて、平成29年度豊川市民生委員児童委員 協議会総会を開催しました。
 平成28年度事業報告及び決算報告、平成29年度事業計画案及び予算書について協議が行われ、 全て承認されました。

当日の様子


 平成29年が民生委員制度創設100周年・児童委員制度創設70周年であるため、それに向けた
記念事業の取り組みに力を入れていきます。また、平成28年12月には一斉改選が行われたため、
これから3年の任期の中で新しいことにチャレンジし、少しでも成果が上がるように企画を進めていきます。

総会提出議案はこちらです。
組織図はこちらです。
審議会等における民生委員・児童委員登用状況はこちらです。


新任者研修を実施しました

平成28年12月から平成29年2月にかけて、全4回の新任者研修を実施しました。

1.目的及び趣旨

平成28年12月一斉改選に伴い、新任民生委員(任期途中交代者を含む)を対象として、
民生委員・児童委員活動を行う上で必要となる知識の習得を図るため、全4回の研修会を 実施しました。

2.参加対象者

平成28年12月1日付新任民生委員 155名
ただし、任期途中で交代された方で希望者を含みます。

3.事業報告

(第1回目)平成28年12月1日 豊川市文化会館 中ホール
講師:福祉課 高垣係長 田邉係長 加藤係長 介護高齢課 近藤補佐 子育て支援課 望月補佐
(1)民生委員・児童委員の職務について(豊川市福祉課)
(2)生活困窮者自立支援制度及び生活保護制度について(豊川市福祉課)
(3)障害者福祉について(豊川市福祉課)
(4)高齢者福祉について(豊川市介護高齢課)
(5)児童福祉及び母子福祉について(豊川市子育て支援課)
(6)豊川市社会福祉協議会と民生委員・児童委員について(豊川市社会福祉協議会)

(第2回目)平成28年12月20日 豊川市御津文化会館 文化ホール 参加者 129名
講師:豊川市社会福祉協議会 小林補佐
(1)豊川市民生委員児童委員協議会年間活動について

(第3回目)平成29年1月26日 ライフポートとよはし
講師:愛知県健康福祉部地域福祉課職員 同児童家庭課職員 日本福祉大学中央福祉専門学校 渡辺哲雄氏
(1)行政講話「民生委員の職務について」
(2)行政講話「児童委員・主任児童委員の役割 〜児童虐待防止について〜」
(3)講演「住民の立場に立った民生委員活動」
       〜秘守義務とネットワーク 個人情報の有効な活用のために〜

(第4回目)平成29年2月23日 豊川市御津文化会館 文化ホール 参加者 130名
講師:岡田前主任児童委員副代表 中尾前副会長 鳥山前高齢者福祉部会長 福祉課 高垣係長
(1)講演@(前主任児童委員連絡会副代表 岡田美子氏)
(2)講演A(前高齢者福祉専門委員部会長 鳥山健司氏)
(3)講演B(前副会長 中尾設子氏)
(4)研修会「民生委員・児童委員活動記録記入方法について 豊川市民生委員児童委員協議会年間活動について」 (豊川市福祉部福祉課生活支援係長 高垣太一氏)

4.全4回を通じたアンケート集計結果について(回答数 120名)

1 非常に良かった     11名
2 良かった        97名
3 あまり参考にならなかった 4名
4 どちらとも言えない    6名
未回答            2名

当日の様子




歳末たすけあい募金運動への協力を行いました

平成28年12月3日(土)・4日(日)に八幡地区民生委員児童委員協議会、 音羽地区民生委員児童委員協議会が街頭募金を行いました。八幡地区は中部中学校生徒有志の方と、 音羽地区は音羽中学校生徒有志の方と協力して街頭募金を行いました。

平成28年12月10日(土)に豊地区民生委員児童委員協議会が豊川稲荷総門前で街頭募金を行いました。

音羽地区街頭募金の様子
【12月3日(土)・4日(日)午前10時〜11時グリーンセンター音羽】

 

各地区街頭募金の実績額については、下記の通りです。みなさまからお寄せいただいた募金は、
愛知県共同募金会豊川市支会に寄付し、豊川市内の地域福祉活動に役立てられます。

音羽地区街頭募金 56,909円
八幡地区街頭募金 41,567円
豊地区街頭募金  38,282円  合計 136,758円



児童委員・主任児童委員紹介パンフレットを作成しました

子どもに関する心の痛むニュースが、毎日のように報道されています。
子育てに悩む家庭・地域の子どもの異変を感じた大人の気づき、それらの相談先として、
皆様の地域には、児童委員、主任児童委員がいます。

今回、その存在をより多くの皆様に知っていただきたく、パンフレットを作成しました。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
地域の皆様と共に、子ども達の健やかな成長を見守りたいと思います。

配付対象及び配布場所
  1.平成29年度小学校新入学児
  2.子ども課窓口
  3.保健センター窓口
  4.ウィズ豊川窓口

パンフレットはこちら

Copyright(c) 豊川市社会福祉協議会 2002 All Rights Reserved

もどる