マーク 社会福祉法人豊川市社会福祉協議会
Google豊川市社協サイト内検索
ホーム ボランティア・市民活動 高齢者相談センター(地域包括支援センター) 成年後見支援センター

小地域福祉活動を応援します〜社協の役割〜

(1) 地域福祉活動者への支援

 社会福祉協議会では、概ね中学校区を単位にコミュニティソーシャルワーカーを配置し、地域における要援護者の
相談支援とともに地域福祉活動推進委員会を始めとする小地域福祉活動が継続的に実施できるよう支援します。

  施設名 所在地 電話番号
FAX番号
担当中学校区
東部高齢者相談センター
※旧一宮事務所
〒441-1202
豊川市上長山町本宮下1−1685
 (健康福祉センター内)
0533(93)0801
0533(93)0804
一宮中
東部高齢者相談センター
豊川出張所
〒442-0066
豊川市金屋元町2−53−1
 (東部地域福祉センター)
0533(85)6258
0533(89)8815
東部中
南部高齢者相談センター 〒441-0873
豊川市山道町2−49
 (県営牛久保住宅2棟併設)
0533(89)8820
0533(89)8812
南部中
南部高齢者相談センター
小坂井出張所
〒441-0103
豊川市小坂井町大堀10
 (小坂井支所内)
0533(78)4584
0533(78)3242
小坂井中
北部高齢者相談センター 〒442-0863
豊川市平尾町親坂36 
 (ふれあいセンター内)
0533(88)7260
0533(88)7261
中部中
北部高齢者相談センター
代田出張所
〒442-0069
豊川市諏訪西町2−158−1
 (市営諏訪西住宅併設)
0533(89)8070
0533(89)9112
代田中
金屋中
西部高齢者相談センター 〒442-0854
豊川市国府町下河原61−2
 (西部地域福祉センター)
0533(88)8005
0533(87)5452
西部中
西部高齢者相談センター
御津出張所
〒441-0321
豊川市御津町広石枋ケ坪88
 (御津福祉保健センター)
0533(77)1502
0533(77)2330
御津中
西部高齢者相談センター
音羽出張所
〒441-0202
豊川市赤坂町狭石1
 (音羽福祉保健センター)
0533(88)5940
0533(88)7927
音羽中
※受付時間は月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分です。
 土・日・祝日、年末年始は休みとなります。
TOPへ

(2) 地域福祉活動者研修の実施
 地域福祉活動推進委員会における
福祉委員や小地域福祉活動を実践
するボランティアのみなさんを対象と
した研修を実施することにより、
地域福祉の推進を図ります。
地域福祉活動者フォローアップ研修
地域福祉活動者フォローアップ研修
《主な研修内容》
 ●地域福祉活動者新任研修
 ●地域福祉活動者フォローアップ研修
 ●地域福祉活動推進セミナー
 ●委員長先進地視察研修
 ●地域福祉活動者交流会
TOPへ

(3) 地域福祉座談会の開催

 地域の福祉課題について話し合う地域福祉座談会の開催を通じ、社会福祉協議会の実施している福祉サービスの
概要を知っていただいたり、地域の福祉問題を地域のみなさんと一緒に話し合い、解決のための方法を見つけ出す
機会を設けることにより地域の福祉力を高めます。

実施内容  地域のみなさんに最寄りの市民館・公民館・集会場などにお集まり
いただき、社会福祉協議会のすすめる地域福祉活動推進委員会の
趣旨や地域の福祉問題について、何が必要でどうしたら解決できる
のか、さまざまな視点で話し合いを行います。
実施対象地域  地域福祉活動推進委員会未設置の連区、町内会等
申込方法  開催を希望される地域は、連区長、町内会長、民生委員児童委員を
通じて、社会福祉協議会まで申込をお願いします。
地域への協力依頼事項  ●参加者への啓発・声かけ
 ●市民館の借用等(会場準備)
TOPへ

(4) 介護者教室(地域開催型)の開催

 身体的・精神的な負担を抱える介護者を対象に、介護に関する基礎技術や知識を学習するとともに、介護者同士の
交流を図ることにより介護者の負担軽減を図ることを目的とします。

実施対象地域  ●連区、町内会
 ●地域福祉活動推進委員会
 ●地区民生委員児童委員協議会
申込方法  開催を希望される地域は、連区長、町内会長、地域福祉活動推進
委員会委員長、民生委員児童委員を通じて、社会福祉協議会まで
申込をお願いします。
地域への協力依頼事項  ●参加者への啓発・声かけ
 ●市民館の借用等(会場準備)
TOPへ

(5) ふれあい活動備品の貸出

 地域及びボランティア団体等の皆さんが主体となって実施する地域福祉活動や住民相互の交流を目的とした
イベント等にご利用いただけます。

※ 豊川市外での利用や、営利や収益を目的としたイベントには貸出できません!

貸出できる団体  ・地域福祉活動推進委員会
 ・民生委員児童委員協議会
 ・とよかわボランティア・市民活動センター登録団体
 ・福祉関係団体
 ・教育関係団体
 ・地域関係団体(町内会、子ども会)
 ・地域福祉活動ボランティア団体   など
利用予約  利用日の属する月の6カ月前の初日から予約できます。
 (電話での受付可。後日、申請手続きが必要となります。)
申請書  申請書については、コチラ  (←クリックすると、申請書を表示します)
貸出期間  5日以内(貸出、返却日を含む)
 ※ 平日 9時〜17時までの貸出、返却をお願いします。
利用料  無料
貸出機器  ◆ 綿菓子機           返却の際には、必ず清掃をしてお返しください。
 ◆ ポップコーン機         みなさんが気持よく利用できるように、ご協力
                    よろしくお願いします。
 ◆ テント    テントの大きさ (2間×4間)(2間×3間) 2種類あります。
 ◆ 地域福祉活動支援用ビデオテープ(31種)

●レクリエーション備品
 
品目
 
品目
1
タルコボール
22
友遊ボウリング
2
スキットルフィッシングセット
23
輪投げ&陣取りマット(2)
3
囲碁ボールミニ
24
ペタボード
4
ストライクナイン(2)
25
フリースタイル輪投げ
5
シャッフル輪投げ(2)
26
ターゲットバードゴルフセット
6
サッカーチャレンジゴール
27
ディスクゴールセット(2)
7
さくらんぼの木輪投げ(2)
28
サンタクロース衣装
8
底抜けホールインワンゲーム
29
的あてゲーム
9
内用グラウンドゴルフセット
30
玉のせゲーム
10
室内用ペタンクセット(6)
31
ハノイの塔(2)
11
バッゴー
32
折りたたみベンチ(6)
12
新十扇・雅(2)
33
ビンゴゲーム(2)
13
ウルトラフォームボウリング(2)
34
ジュニアコロナ(玉突き)
14
ふくろう物語(2)
35
ビックボール(4)
15
トーンチャイム
36
白黒ゲーム(2)
16
抽選機
37
思い出カルタU(2)
17
黒ひげ危機一髪(2)
38
日本トランプ(2)
18
点鳥(てんとり)ルーレット
39
紅白床置き玉入れ
19
チームラビリンス
40
わなげセット
20
お手玉ボード
41
ベルハーモニー(ハンドベル)
21
ワーリング
 
 

 レクリエーション備品の詳細については、コチラ  (←クリックすると、備品写真一覧へ)
TOPへ

(6) 地域福祉活動推進委員会への助成

地域福祉活動推進委員会助成金

 地域福祉活動推進委員会の運営及び活動に要する費用を助成します。

区  分
助成額(円)
基 準
委員会基本事業費 2,000世帯以上
150,000

前年度4月1日現在の町内
加入世帯数に応じた左記
助成額を交付。

1,500〜1,999世帯
125,000
1,000〜1,499世帯
100,000
500〜999世帯
75,000
500世帯未満
50,000







見守り支えあい活動
5,000
左記助成額に当該活動を実施
する福祉会(町内会)の数を
乗じた額を加算。
ふれあいサロン活動 年40回以上
36,000
左記助成額に当該活動を実施
する福祉会(町内会)ごとの
助成額を合算した額を加算。
年20〜39回
30,000
年10〜19回
24,000
年5〜9回
18,000
年5回未満
12,000
社協戸別会費協力加算 80%以上
70,000
前年度社協戸別会員加入率
に応じた左記助成額を加算。
70〜79%
50,000
60〜69%
30,000
50〜59%
10,000

※福祉会(町内会)の規模が大きく要援護者の便宜を図るため福祉会(町内会)内に
複数箇所のふれあいサロン活動が必要と認められる場合は、別途助成基準を設けて
おりますので、詳しくは社会福祉協議会までお問い合わせください。

拠点整備費助成金

 地域福祉活動推進委員会設立時における運営や活動を円滑に進めるために必要となる物品、
備品及び資材等の購入に要する費用を助成します。

助成基準  委員会設立年度の4月1日から3年間で、20万円を上限に助成します。
TOPへ

(7) ふれあいサロン活動への助成

 概ね町内会を単位に地域のみなさんが主体となって高齢者、障害者、児童等に参加を呼び掛け実施する
ふれあいサロン活動に必要となる経費を助成します。

助成対象  地域福祉活動推進委員会未設置地区において、地域住民が主体と
なって行うふれあいサロン活動に要する経費
助成基準
実施回数
助成額
年40回以上
36,000円
年20〜39回
30,000円
年10〜19回
24,000円
年5〜9回
18,000円
年5回未満
12,000円

※町内会の規模が大きく要援護者の便宜を図るため町内会内に複数箇所の
ふれあいサロン活動が必要と認められる場合は、別途助成基準を設けておりますので、
詳しくは社会福祉協議会までお問い合わせ下さい。
TOPへ

(8) ボランティア活動保険

 ボランティアや福祉委員のみなさんに安心して活動いただくために、ボランティア活動保険への加入をすすめています

保険料及び補償内容
 
保険金の種類
補償内容
Aプラン
Bプラン
Cプラン
傷害
事故
死亡保険金
10,000千円
10,000千円
20,000千円
後遺障害保険金
10,000千円
(限度額)
10,000千円
(限度額)
20,000千円
(限度額)
入院保険金
(1日につき)
6,000円
8,500円
7,800円
通院保険金
(1日につき)
4,500円
5,000円
4,500円
手術保険金 入院保険金をお支払いする場合で、そのケガのため手術を受けた
とき入院保険金日額に手術の種類に応じた倍率(10倍、20倍又は
40倍)を乗じた額が上乗せされて支払われます。
賠償
事故
賠償責任保険金
(対人・対物共通)
5億円(限度額)
年間保険料
250円
300円
350円

※その他、天災プランもあります。
※保険料及び補償内容は年度単位で変更となることがあります。
補償期間  毎年4月1日から翌年3月31日まで
 (中途加入の場合は加入日の翌日から当年度3月31日まで有効です。)
問い合わせ先  とよかわボランティア・市民活動センター
 TEL 0533(83)0630 FAX 0533(89)0662
TOPへ

(9) ボランティア行事用保険

 ボランティアや福祉委員のみなさんが主催する行事・活動を安心して実施できるよう、ボランティア行事用保険の
加入をすすめています。

保険料  A型(宿泊を伴わない行事)1日1名につき30円
 ※1日の参加者20名以上の掛金から加入できます。
 ※その他、B型(宿泊を伴う行事)もあります。
主な補償内容
 
保険金の種類
補償内容
傷害
事故
死亡保険金 4,900千円
後遺障害保険金 4,900千円(限度額)
入院保険金
(1日につき)
3,500円
通院保険金
(1日につき)
2,200円
手術保険金 入院保険金をお支払いする場合で、そのケガの
ため手術を受けたとき入院保険金日額に手術
の種類に応じた倍率(10倍、20倍又は40倍)
を乗じた額が上乗せされて支払われます。
賠償
事故
対人の事故 1名1事故 2億円(限度額)
対物の事故 1事故 1,000万円(限度額)
補償の対象となる
具体的な例
  ●本人の事故
   ・行事開催期間中に参加者が事故で死亡したとき
   ・ふれあいサロンで参加者がケガをしたとき
  ●対人の事故
   ・運動会の会場設営の不備で入場者にケガを負わせたとき
   ・ふれあいサロンで主催者の責任により食中毒事故が発生したとき
   ・参加者が、お年寄りにケガをさせたとき
  ●対物の事故
   ・預かった参加者の持ち物を紛失してしまったとき
問い合わせ先  とよかわボランティア・市民活動センター
 TEL 0533(83)0630 FAX 0533(89)0662
TOPへ

(10) 印刷機及びコピー機の利用

 小地域福祉活動やボランティア活動の広報及び資料作成などに、とよかわボランティア・市民活動センター
(ウィズ豊川内)のコピー機と印刷機をご利用いただけます。

利用対象  地域福祉活動推進委員会の福祉委員
 とよかわボランティア・市民活動センター登録団体
利用料  無料(使用する用紙は各自でご準備ください。)
問い合わせ先  とよかわボランティア・市民活動センター
 TEL 0533(83)0630 FAX 0533(89)0662
TOPへ

Copyright(c) 豊川市社会福祉協議会 2002 All Rights Reserved

もどる