マーク 社会福祉法人豊川市社会福祉協議会
Google豊川市社協サイト内検索
ホーム ボランティア・市民活動 高齢者相談センター(地域包括支援センター) 成年後見支援センター
お知らせ
お知らせ編集ページへ

題名ピアゴ豊川店様から寄附をいただきました。(平成31年3月20日)
内容
平成31年3月20日(水)にピアゴ豊川店様からご寄附をいただきました。ユニー梶g小さな善意で大きな愛の輪”運動として店頭に募金箱を設置され、ご来店のお客様からご協力いただいた募金を社会福祉事業に役立ててほしいと毎年ご寄附いただいているものです。ありがとうございました。
投稿者

総務課

画像

ファイル

題名ひまわりたすけあいの会様から寄附をいただきました。(平成31年3月20日)
内容
平成31年3月4日(月)に、ひまわりたすけあいの会様から1万円の寄附をいただきました。ひまわりたすけあいの会様は、平成7年4月に発足し、女性部活動の一環としてJAひまわり館内の高齢者に対してミニデーサービスを中心に27名が活動しています。活動の中で手作りをした物品をJAひまわり主催の催し物で販売を行い、その売上金を社会福祉事業に役立ててほしいと、本会に寄附をしていただきました。ありがとうございました。

投稿者

総務課

画像

ファイル

題名♣福祉出前講座〜〜聴覚障害の理解と簡単な手話〜〜(平成31年3月20日)
内容
Hello!ボランティアセンターです。
3月18日、豊川市民病院にて福祉出前講座を開催しました。
市民病院の医師、看護師、技師、事務員が参加され、患者へのサービスを考える機会として聴覚障害者とのコミュニケーション方法や病院で使える手話を学びました。
「どこが痛い?」「お腹が痛い」「検査をします」「注射をします」「お大事にしてください」などの手話を学びました。聴覚障害とは、病気、事故、薬害、騒音、遺伝等を原因とする「聞こえない・聞こえにくい」という、外見では分かりにくい障害です。周囲に気づいてもらえないことがあります。聴覚障害の種類や程度により一人ひとりに適したコミュニケーションが必要であり、納得されるまで説明することが大切です。病院では専門用語が使われます。絵やイラストなどを用いて説明することや必要な指示はカード化して説明するなどの工夫が必要になります。今回の研修が職員の意識改善と今後のサービスの向上につなげる機会となりました。

   
投稿者

画像

ファイル

題名第5回いなりんピックで募金活動をしました!!(平成31年3月19日)
内容
日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

平成31年3月16日(土)に豊川市総合体育館で行われた「第5回いなりんピック!!いなりん☆とゆかいな仲間たち大運動会」にて募金活動を実施しました!
募金活動には、豊川高等学校インターアクトクラブの生徒さん、日本ボーイスカウト豊川第1団、豊川市立金屋中学校生徒会役員の皆さんにご協力いただきました。共同募金のシンボルキャラクターである「愛ちゃん」と「希望くん」も応援キャラクターとして大運動会に参加し、PR活動を行いました。いただきました皆さんからの募金は、平成31年度豊川市社会福祉協議会で実施する子育て応援事業に活用させていただきます!
募金活動に協力していただいた方々及びご寄附いただいた来場者の方々ありがとうございました!!

〇豊川高等学校インターアクトクラブ
  

〇日本ボーイスカウト豊川第1団
  

〇豊川市立金屋中学校生徒会役員
  
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル

題名♣ 〜〜防災ってお互いさま!〜〜(平成31年3月13日)
内容
Hello!ボランティアセンターです。
平成31年3月9日に豊川市勤労福祉会館にて『防災ってお互いさま!〜災害時通訳ボランティア及び防災ボランティアコーディネータースキルアップ研修〜』を開催しました。
今回は、社会福祉協議会、国際交流協会、NPO法人穂の国まちづくりネットワークが合同で開催しました。研修の内容は、「パッククッキングの実践」、「コミュニケーション支援ボードを使って伝えてみましょう」、「災害と多文化共生についての講演」を行いました。

皆さん、パッククッキングは初めての体験で、真剣に取り組まれていました。もちろん、おいしく出来上がりました。言葉の壁を低くするように工夫された「コミュニケーション支援ボード」を使って、お互いにコミュニケーションをとることができました。災害発生時に必要となる要援護者への配慮を学ぶと共に、平時の取り組みについて学ぶ機会となりました。

★パッククッキングとは:耐熱強化ポリエチレン袋に食材を入れて湯せんで火を通す調理法です。簡単に温かい食事を作ることができます。【注意:袋をしばる時は空気を抜くことを忘れずに!空気が入っていると膨張して破裂しますので気を付けてください。】
    
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名★受講者募集中!〜ボランティアリーダー養成講座〜(平成31年3月11日)
内容
ボランティア活動、ほっと一息しませんか?2回目は他団体の仲間と楽しく交流しながら、自分達の活動の魅力を再認識・魅力を他者に伝える方法について考えます!

【日時】@平成31年3月 4日 (月) ※終了しました
     A平成31年3月13日(水) ※受付中!   いずれも午後1時30分〜午後4時30分 

【場所】豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」視聴覚室

【講師】NPO法人福祉サポートセンターさわやか愛知

【内容】1日目『困りごとを共有しよう』※終了しました
    
        2日目『仲間づくりにチャレンジしてみよう!』

【定員】30名 (先着順)【参加費】 無料

【対象】市内在住、在勤、在学の方でボランティア・市民活動実践者、またはボランティア活動に興味関心のある方

     チラシはこちら 

◎お問い合せ・申込み先
豊川市社会福祉協議会ボランティアセンター 
〒442-0068 豊川市諏訪3−242  豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」内
電話(0533)83−0630  FAX(0533)89−0662
投稿者

画像

ファイル

題名ホームページの情報を更新しました。(平成31年3月1日)
内容
平成31年3月1日付でホームページの情報を更新しました。

詳しくは更新履歴をご覧ください。
投稿者

総務課

画像

ファイル

題名第5回いなりんピックにて募金活動を行います!!(平成31年2月25日)
内容
日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

平成31年3月16日(土)、豊川市総合体育館にて開催される豊川市観光協会主催の
イベント、「第5回いなりんピック!!いなりん☆とゆかいな仲間たち大運動会」にて、
愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会が募金活動を行います。
当日のイベントでは、愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会から共同募金のシンボル
キャラクターである「愛ちゃん」と「希望くん」も応援キャラクターとして大運動会に
参加し、PR活動を行います。皆さまからの募金は、平成31年度に豊川市社会福祉協議
会で実施する子育て支援に向けた事業に活用させていただきます。

皆さまからの温かい思いやりとご協力をよろしくお願いいたします。
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル

題名★『ボランティアリーダー養成講座』を開催します!(平成31年2月25日)
内容
ボランティア活動、ほっと一息しませんか? 他の仲間と活動上における困りごとを共有したり、自分達の活動の魅力を再認識し、魅力を他者に伝える方法について考えます。(2回完結の講座です。)

【日時】 @平成31年3月4日 (月) A3月13日(水)いずれも午後1時30分〜午後4時30分
【場所】 豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」視聴覚室
【講師】 NPO法人 福祉サポートセンターさわやか愛知
【内容】 1日目『困りごとを共有しよう』2日目『仲間づくりにチャレンジしてみよう!』
【定員】 30名 (先着順)  【参加費】 無料
【対象】 市内在住、在勤、在学の方でボランティア・市民活動実践者、またはボランティア活動に興味関心のある方

◎お問い合せ・申込み先
豊川市社会福祉協議会ボランティアセンター 
〒442-0068 豊川市諏訪3−242  豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」内
電話(0533)83−0630  FAX(0533)89−0662  チラシはこちら 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名★3月6日(水)に『おもちゃ図書館で遊ぼう講座〜3歳からの知育玩具「玉の道」にチャレンジ★〜』を開催します!(平成31年2月25日)
内容
将棋の藤井聡太さんが幼少期に遊んだということで注目の「玉の道」、ビー玉を転がして遊ぶ積木のおもちゃで楽しく遊んでみませんか。「子どもの力を引き出したい!」「楽しいおもちゃに出会いたい…!」そんな方におすすめです。

【日時】平成31年3月6日 (水)午後1時半〜午後2時半
【会場】豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」1階 機能訓練室
【講師】日本知育玩具協会 認定講師 和田 晶子氏
【対象】市内在住・在勤の3歳以上のお子さんと保護者
*その他、妊婦さんやボランティアさんの参加も可能です。
*おもちゃのパーツにビー玉が含まれます。対象より小さなお子さんが同席される場合は、おんぶ紐や抱っこ紐での参加をお願いします。
【定員】親子6組    
【参加費】無料

◎お問い合せ・申込み先
豊川市社会福祉協議会ボランティアセンター 
〒442-0068 豊川市諏訪3−242  豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」内
電話(0533)83−0630  FAX(0533)89−0662  チラシはこちら 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名地域福祉活動者フォローアップ研修を開催しました(平成31年2月20日)
内容
〜仲間を繋ぐ仕掛けのあれこれ〜
2月20日(水)豊川市御津生涯学習会館で地域福祉活動者フォローアップ研修を開催、ふれあいサロンボランティアをはじめ市内全域から約80名の方に参加いただきました。 
日本福祉大学社会福祉学部准教授 荒深裕規(あらふかひろき)先生から、認知症予防にサロンをはじめとした交流の場に参加することが重要であることや、またその場で活用できる体操などの実技を教えていただきました。
参加者からは「地域の絆がいかに大事なことだと感じました。」「学んだ体操を早速サロンで使ってみたい。」などの感想をいただきました。
 これからも、豊川市社会福祉協議会は地域の繋がりが深まるように様々な研修を企画・実施していきます。多くの方の参加をお待ちしています。
   
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名★2019年度ボランティア保険の加入申込受付が3月1日(金)から始まります!(平成31年2月20日)
内容
2019年度も継続してボランティア活動を予定している方に、安心して活動できるようボランティア保険への加入をお勧めします。※4月1日からの補償(保険適用)を希望する場合は、3月29日(金)までに加入申込手続きが必要です。

受付場所:豊川市社会福祉協議会「ウィズ豊川」3階ボランティアセンター
(豊川市諏訪3丁目242番地)
受付時間:土日・祝日を除く、月〜金曜日の午前8時30分〜午後5時15分まで
対象者:「豊川市社会福祉協議会ボランティアセンター」または「とよかわボランティア・市民活動センタープリオ」において、団体及び個人登録をしている方

◎ボランティア保険の詳しい内容・掛金については、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】豊川市社会福祉協議会ボランティアセンター
         電話(0533)83−0630

投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名大木町ゴルフクラブ様から寄附をいただきました。(平成31年2月15日)
内容
平成31年2月15日(金)に、大木町ゴルフクラブ様から5万円の寄附をいただきました。大木町ゴルフクラブ様は、昭和62年から毎年新春チャリティーゴルフを開催しております。第31回目となる今年は1月27日(日)に本宮パークカントリークラブで開催され、そこで参加者、町内有志企業からも協賛をいただき集めた募金を社会福祉事業に役立ててほしいと、本会に寄附をしていただきました。ありがとうございました。

投稿者

総務課

画像

ファイル

題名マックスバリュ豊川八幡店ご利用者様、マックスバリュ東海鰍ゥら寄附をいただきました。(平成31年2月13日)
内容
平成31年2月13日(水)にマックスバリュ豊川八幡店ご利用者様、マックスバリュ東海蒲lから車いす1台をご寄贈いただきました。この車いすは、店頭にてお客様にアルミ缶と牛乳パックの回収を呼び掛けられ、そのリサイクル収入金でご購入いただいたものです。今年で3回目の車いすの寄贈となります。本会の行う車いす貸出事業などで活用させていただきます。ありがとうございました。
 
投稿者

総務課

画像

ファイル

題名豊川市初の地域型通所サービス「喜和会」が音羽地区に立ち上がりました!(平成31年2月12日)
内容
高齢者の介護予防と地域における支え合いの体制づくりを目的として、
豊川市社会福祉協議会と音羽地区の地域住民活動団体である音羽地区地域福祉活動推進委員会が協働で、
豊川市では初めてとなる地域型通所サービス事業「喜和会」(※「気が若い」にかけてあります)を平成31年2月1日に立ち上げました。
音羽生涯学習会館にて年末年始・祝日を除いた毎週金曜日の10時〜11時半に地域住民で集まって運動を行ったり、
脳トレを行って介護予防に取り組んでいます。

◎開催日:毎週金曜日(年末年始・祝日は除く) 午前10時〜午前11時半

◎会場:音羽生涯学習会館 会議室1

◎対象:おおよそ65歳以上の方(定員は20名程度。)

◎参加費:原則無料(特別に行事がある場合のみ材料費等の実費負担あり。)

◎申込み・お問い合わせ先
社会福祉法人 豊川市社会福祉協議会
西部高齢者相談センター 音羽出張所 担当:柿田
〒441-0202 豊川市赤坂町狭石1番地(豊川市音羽福祉保健センター内)
TEL(0533)88−5940 FAX(0533)88−7927
  
  
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名地域福祉活動者交流会(南部・西部圏域)を開催しました。(平成31年1月30日)
内容
1月25日(金)にサロン活動者を対象とした交流会(南部・西部圏域)を開催しました。今回は防災用品作り(ごみ袋カッパ、新聞紙スリッパ、牛乳パック笛)と健康づくりリーダーによる健康体操を行いました。
防災用品の材料はどの家庭でもあるもので作られています。「スリッパをたくさん作ってストックしておく」や「笛は意外に大きな音が出るのね」との会話も聞こえ、ごみ袋カッパは作成したものを実際に羽織っている姿を写真に撮って楽しんでいる方もいました。
健康体操では講師の指導のもと、「はじまりの体操」や「花は咲く」の唄に合わせた体操等、参加者の皆さんで楽しく大きな声を出して体を動かしていました。
またモノ作り・体操だけでなく、活動者同士の交流も熱心に行われていたように思います。「うちのサロンでは〜をしている」や「〜で困っている」等の会話があちこちから聞こえました。きっと活動者ならではの話に花が咲いたことと思います。
豊川市では約160ヶ所でサロン活動が行われていますが、サロン活動は単なる「交流の場」というものではなく、そこで行われている活動は、「孤立化の防止」・「見守り」・「介護・認知症予防」等に繋がっています。今回の交流会を通じてサロン活動の継続や発展の一つのきっかけにしていただければ幸いです。今後も高齢者等の地域の大切な居場所であるサロン会を継続・発展していただくため、社会福祉協議会では様々な支援を企画、実施していきます。豊川市の地域福祉を盛り上げていきましょう。
 

投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名平尾地区地域福祉懇談会を開催しました。
内容
12月15日(土)に平尾地区市民館で地域福祉懇談会を開催しました。連区長、民生・児童委員、福祉委員、総勢19名の皆様にご参加いただきました。
平尾地区は地域と小学校の距離が近く、学校の日などの行事への協力や登下校の見守りなど、地域で子どもたちを育てていこうという思いがとても強い地区です。また、サロン活動や白川、西古瀬川の清掃など、福祉活動や美化活動も盛んに行われています。
懇談会では、学校との連携の維持や美化活動の増進といった、既存の活動をさらに盛り上げていこうという意見に加え、町内の集会所の有効活用や新旧住民の交流促進について、活発な意見交換がなされました。また、高齢男性の社会参加にスポットを当てた、「男のサロン」の開催といった意見も上がりました。
地域の皆様のご意見、ご提案を受け、私たち社会福祉協議会も活動の一助となれるよう、全力で支援していきたいと思います。
7月から始まりました地域福祉懇談会も、今回の平尾地区にて市内全地区での開催と相成りました。お忙しい中、懇談会へご参加いただき、誠にありがとうございました。
投稿者

地域支援課

画像

ファイル " target="_blank">

題名「あいさつで出会いのできるまち」に向けて 下長山地区地域福祉懇談会を開催しました。(平成30年12月14日)
内容
去る11月10日(土)に下長山地区市民館にて、連区長を始めとした地区内の福祉活動にかかわる役職の方8名が集まり「豊川市第3次地域福祉計画」についての地域福祉懇談会を開催しました。
 下長山地区は900程の世帯内に30有余の活動団体が存在。祭礼や見守り活動など地域活動が活発的に行われていることもあり、出席者は皆顔馴染みで、普段の暮らしや活動からの疑問点や課題についての協議の場となりました。
中心となったのが「顔が見える関係に差が生まれていること」について危惧する声で、アパート等新興住宅や町内会未加入世帯も増えていることから「出来ていることを進めるだけでは意味がない」「参加のない人をどう呼ぶかが大事」という意見や「気軽な挨拶を習慣化しないといけない」「町内会加入も呼び掛けだけではダメ。違うやり方を行政と共に考えないといけない」など、幅の広い現活動(受け皿)があるからこそ、顔の見えていない対象者や新しく入ってきた人達との繋がりを注視した話合いとなりました。
出席者より「下長山は模範的な地域である」との声も出ましたが、地域活動や互助の取り組みなどをもう一歩踏み込み、誰もが気軽に挨拶が出来、またその挨拶から新たな出会いを生むことが出来るように、社会福祉協議会も支援を続けていきますのでよろしくお願いいたします
当日はお忙しい中、懇談会に参加していただきありがとうございました。
投稿者

地域支援課

画像

ファイル " target="_blank">

題名地域福祉活動者交流会(東部・北部圏域)を開催しました。(平成30年12月7日)
内容
地域福祉活動者を対象とした交流会(東部・北部圏域)を開催いたしました。
○開催日時
  平成30年11月29日(木)13:30〜16:00
○開催場所
  プリオ 4階 視聴覚室
○物づくり体験(3作品)
  1) 壁掛け 2) クラフトテープで作るBOX 3) 折り紙 だるま
〇健康づくりリーダーによるレクリエーション
○参加者数
  63名
物づくり体験では、3種類から前・後半それぞれ1作品を地域のボランティア講師の方に教えていただきました。また、健康づくりリーダーの講師の方のご協力のもと、レクリエーションを指導いただき、「花は咲く」の唄に乗って参加者の皆さんで楽しく体を動かしました。参加者からは「思った以上に可愛くできました」「丁寧に教えていただき楽しく学べました」「町内サロンに持ち帰ってやってみたいです」などの声をいただきました。豊川市内では、皆さんのご協力のもと、各地域のふれあいサロン等地域交流活動が盛んに行われています。社会福祉協議会は今後も地域の皆さんとともに、地域福祉活動をご支援させていただきます。本交流会の内容をぜひ各地域でご活用いただければ嬉しいです。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
  
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名豊川市障害者相談支援センター講演会「発達障害の支援と理解の核心に向かって、一歩でも迫ってみる」を開催しました!(平成30年11月2日)
内容
平成30年10月20日(土)豊川市勤労福祉会館で、豊川市障害者相談支援センター講演会「発達障害の支援と理解の核心に向かって、一歩でも迫ってみる」を開催しました。
講師は、神戸市在住の笹森理絵(ささもりりえ)氏で、発達障害の当事者・保護者・支援者の観点からお話を頂きました。
当日は105名の方にご参加いただき、当事者の見え方・感じ方や、保護者としての気持ちの持ち方、支援者として心がけるべきポイント等も、とてもわかりやすく解説して下さいました。来場者へのアンケートからも、大変参考になったとのお声をたくさん頂きました。
当日ご参加いただきました皆様、開催にご協力いただきました関係各位に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
  
投稿者

豊川市障害者相談支援センター

画像

ファイル

題名平成30年度隣近所のふれあい推進協働事業『フォトコンテスト』の表彰式を行いました!!(平成30年10月30日)
内容
去る平成30年10月28日に豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」で開催された「ふれ愛・みんなのフェスティバル2018」にて、フォトコンテストに入賞された方々の表彰式を行いました!!
本年度は、市民の皆さまから115点の写真の応募をいただき、その中から豊川市社会福祉協議会長賞1点、ひまわり農業協同組合長賞1点、審査員特別賞3点、入選10点を選出しました。優秀作品15点については、豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」正面玄関にて、展示をしておりますので、ぜひとも写真を見にご来館ください!

   

  
投稿者

地域福祉課地域福祉係

画像

ファイル

題名八南地区地域福祉懇談会を開催しました(平成30年10月22日)
内容
 10月4日(木)に八南公民館で地域福祉懇談会を開催しました。連区長をはじめとする町内会役員、民生・児童委員、福祉委員の皆様、24名にお集まりいただき、活発な意見交換がなされました。
 八南地区は八幡町、市田町、野口町の3町で構成されており、それぞれの町内でサロン活動が行われています。田植えや稲刈りなどの3世代交流、体操や物づくり、各種講座の実施など、多様な活動が特色です。広報誌の発行や市田町内会のホームページ作成など、活動の周知にも力を入れていることが伺えます。
 反面、区画整理が進んだことや旧来からの住民の高齢化で、住民同士の繋がりが薄くなりつつあるといった課題も挙がりました。
 そのような課題を受け、「隣近所の交流促進」が必要となるため、「サロンをさらに活発化」して、人が集まれるしくみを作っていけばどうかといった提案や、全国的に災害が頻発する中、「防災意識の向上」に向けた訓練の習慣化も必要ではないかと、よりよい地域づくりのため、熱い意見が交わされていました。
 地域の皆様のご意見、ご提案を受け、活動の一助となるべく、今後も地域に寄り添い支援をしていきたいと思います。お忙しい中、懇談会へご参加いただき、ありがとうございました。
 懇談会は今後も小坂井連区、御津南連区で開催予定です。随時、社協ホームページやフェイスブックに様子を掲載していきますので、ぜひご覧ください。

 
 
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の募集について(平成30年9月19日)
内容
 日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうござ
います。

 平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部を震源とする地震により、多数の
方々が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じており、継続的に救助を必
要としている状況となっております。この地震により被災された方々を支援することを
目的に義援金の募集を行います。
 つきましてはこの義援金を愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会において受け付け
ますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

義援金募集要綱についてはこちら 
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル

題名豊地区地域福祉懇談会を開催しました。(平成30年9月19日)
内容
9/13(木)18時30分よりに豊地区市民館にて地域福祉懇談会を開催しました。豊地区は円福、天神、東豊、西豊、大堀、東名、本野ケ原の7町で構成され、当日はそれぞれの町内から区長さんや民生委員、福祉委員の方々22名が集まり2班に分かれて活発な意見交換が行われました。
地域では進雄神社で行われる大祭をはじめとした各地区でのお祭りや盆踊りなどの行事が活発に行われており、それを裏方で支えている活動者の話題や、町内それぞれの清掃活動や子どもたちへの見守り活動、高齢者のふれあいサロンなどの活動や、防災訓練を行っている町内活動もあげられました。
住宅地が多く活動も活発な反面、新しい住民も多く、今後取り組みたいこととして、「町内行事に参加されていない層への積極的なPRや啓発活動を通して町内会の周知や助け合いを知ってもらう」などの意見や、高齢者のふれあいサロンの活性化や、高齢者と年少者をつなぐ「三世代交流」など多数の意見が出されました。また、時節柄、家庭や町内会での防災対策等の意見もありました。今回の地域福祉懇談会で出された意見をまとめ、目標の実現に向けて社会福祉協議会も積極的に支援をしていきますのでよろしくお願いいたします。
当日はお忙しい中、懇談会に参加していただきありがとうございました。
9/19現在、地域福祉懇談会は15地区開催されました。未開催の19地区についても随時開催してまいります。引き続きフェイスブックや社協ホームページに掲載してまいりますので是非ご覧ください。
 
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名「ゆうあいの里夏まつり」ご協力ありがとうございました。(平成30年8月29日)
内容
 ゆうあいの里ふれあいセンターで、8月19日(日)「ゆうあいの里夏まつり」を開催しました。
 当日は2,810人という多くの方の参加をいただき、多数のボランティア、市老連の皆さんのご協力、ご活躍により、ミニゲーム・模擬店・バザー・体験教室・似顔絵コーナー・“ピエロのもぉりぃ”さんによるパフォーマンスショーなどで夏まつりを盛り上げることができ、盛況のうちに終えることができました。
 また、今年も地元の皆さんの参加による“演舞ショー”は和太鼓・フラダンス・ハワイアン演奏等多くの演目があり、最後の大抽選会まで大勢の方に楽しんでもらいました。
 ご参加いただきました皆様、ご協力いただきましたボランティア、市老連の皆様ありがとうございました。
 なお、模擬店の売上金16,790円は、豊川市社会福祉協議会に寄付させていただきました。
  
  
 
投稿者

ゆうあいの里事務所

画像

ファイル

題名平成30年度「赤い羽根協力店」の募集をします!(平成30年7月31日)
内容
 日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただき誠に
ありがとうございます。
 愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会では、10月1日から始まる
赤い羽根共同募金運動にご協力いただける「赤い羽根協力店」を募集し
ています。

◇ 対象
  市内のスーパーマーケット、商店及び事業所
◇ 協力いただく内容
 1 店頭にステッカーを掲示
 2 赤い羽根共同募金運動期間中にポスターの貼付及び募金箱の設置
◇ 申し込み(問い合わせ)
  愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会
 (豊川市社会福祉会館 ウィズ豊川内)
  豊川市諏訪3丁目242番地
   電話(0533)83−5211
   FAX (0533)89−0662
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル

題名ふれあいセンター工事のお知らせ(平成30年7月11日)
内容
平成30年7月16日からふれあいセンターの外壁、屋根改修工事が始まります。
そのため、露天風呂が工事期間中使用できなくなります。
(室内のお風呂は通常通り運営しています。)
工事は平成31年3月中旬に終了予定です。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。
投稿者

ゆうあいの里事務所

画像

ファイル

題名認知症等により内服薬の管理にお困りの方に、お薬カレンダーをお渡しします。(平成30年6月29日)
内容
豊川市社会福祉協議会では、認知症や判断能力の低下により服薬管理に不安を抱える高齢者等に、お薬カレンダーを配付し服薬管理の手助けを行うことにより、認知症高齢者等が住み慣れた地域で穏やかに生活できるよう支援します。
なお、お薬カレンダーにかかる費用につきましては、市民の皆さまからいただいた豊川市社会福祉協議会の会費と、赤い羽根共同募金にて賄われています。

<対象者>豊川市内にお住まいの、認知症や判断能力の低下により服薬管理に不安がある方とそのご家族
<配付方法>豊川市内の高齢者相談センター及び出張所にて認知症や服薬管理に関するご相談を受け付けた際に、必要な方にお薬カレンダーをお渡しします。
<問い合わせ>東部高齢者相談センター(東部、一宮中学校区)    93−0801
       西部高齢者相談センター(西部、音羽、御津中学校区) 88−8005
       南部高齢者相談センター(南部、小坂井中学校区)   89−8820
       北部高齢者相談センター(中部、代田、金屋中学校区) 88−7260

投稿者

高齢者相談センター

画像

ファイル

題名💛〜地域の方も一緒に(平尾小学校)〜 Vol.2 (平成30年6月15日)
内容
Hello!ボランティアセンターです。6月11日(月)平尾小学校にて福祉実践教室を実施しました。今回は車いすと点字体験に加え、みんなでつくる支えあいのまち。平尾地区地域福祉活動推進会の皆さん、市内で活躍されているボランティアさんと一緒に参加しました!障害のある方や高齢者…どんな人も安心・幸せに暮らしていくために自分にはどんなことができるのか、参加された児童一人ひとりが真剣に考え、取り組んでくれました。

  
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名💛〜福祉実践教室が始まりました!〜 Vol.1 (平成30年5月24日)
内容
Hello!ボランティアセンターです。
5月19日(土)「学校の日」に豊小学校、小坂井東小学校の2校において福祉実践教室を実施しました。職員も講師も久々の福祉実践教室にどきどき…。「学校の日」ということで地域の方や保護者の方も一緒に参加して賑やかな雰囲気でした!『学校行事に福祉実践教室があることは知っていたけど、どんなことをするのか初めて知った!』と保護者同士の会話。福祉実践教室について知ってもらう良い機会にもなりました。

 
 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名ご自宅に120分カセットテープは眠っていませんか?(平成30年5月18日)
内容
音訳ボランティアこだまの会では、広報とよかわや社協だよりなどを読み上げ、CDやカセットテープに吹き込んだものを豊川市内の視覚障害者の方へ提供しています。
現在、120分カセットテープが不足しています。
ここ数年、時代の移り変わりによってメーカーが120分カセットテープを生産中止しており、ボランティアセンターでは入手困難な状態が続いています。
未使用のカセットテープをお持ちの方は下記問い合わせ先までご連絡お待ちしております。

●お問い合わせ先
豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」3階ボランティアセンター
(豊川市諏訪3丁目242番地) ☎0533−83−0630
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名愛知県学習支援ボランティアを募集しています!!(平成30年5月15日)
内容
愛知県内では、市町村が主体となって生活困窮者世帯等の小学生、中学生、高校生を対象とした子どもの学習支援事業が行われていますが、54市町村中、23市4町にとどまり、学習支援ボランティアが不足しています。教職員、大学生、ボランティア実践者、民生委員など経験不問。興味のある方は、こちらまで(愛知県社会福祉協議会ボランティアセンター)

チラシ申込書 はこちら。
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名社協PRパンフレットが完成しました。(平成30年5月2日)
内容
今年度の社協PRパンフレットが完成しました。

詳しくはこちら をご覧ください。
投稿者

総務課

画像

ファイル

題名平成30年度ふくし出前講座のご案内【新講座あり:チラシ・申込書を掲載】
内容
平成30年度の豊川市社会福祉協議会ふくし出前講座は、新規2講座を追加して開催致します。地域の交流にご活用ください。ふくし出前講座のチラシ・申込書を掲載します。
多数のお申込みをお待ちしています。

チラシ表チラシ裏申込書 
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名★おもちゃ図書館「バンビ」が再開館します!(平成30年4月3日)
内容
長らくお待たせいたしました!
昨年11月から外壁工事のため休館しておりました、おもちゃ図書館「バンビ」が平成30年4月14日(土)午後2時から再開館します。
皆様のご来館、お待ちしております。

*開館時間は休館前と同様、第2・4土曜日の午後2時〜午後4時
(おもちゃ病院も同時開設しています!)

◎平成30年度おもちゃ図書館「バンビ」予定表はこちら 
投稿者

画像

ファイル

題名平成28年熊本地震義援金の募集期間延長について(平成30年1月24日)
内容
日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。現在、愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会にて受付ております、
平成28年熊本地震義援金につきまして、募集期間が延長しましたので、お知らせいたします。

平成28年4月15日(金)〜平成30年3月31日(土)
          ↓
平成28年4月15日(金)〜平成31年3月31日(日)

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
募集要綱についてはこちら 
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル


お知らせ編集ページへ

Copyright(c) 豊川市社会福祉協議会 2002 All Rights Reserved

もどる