マーク 社会福祉法人豊川市社会福祉協議会
Google豊川市社協サイト内検索
ホーム ボランティアセンター 高齢者相談センター(地域包括支援センター) 成年後見支援センター
お知らせ
お知らせ編集ページへ
題名〜〜「おもちゃ図書館バンビ」の中止についてお知らせ〜〜(令和3年1月19日)
内容
愛知県に緊急事態宣言が発出されたことに伴い、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、1月23日の「おもちゃ図書館バンビ」及び「おもちゃ病院」を休館とさせていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
次回の開催は2月13日を予定しています。
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名社会福祉会館「ウィズ豊川」の利用について(令和3年1月14日)
内容
緊急事態宣言が発令されたことから、令和3年1月14日(木)から社会福祉会館「ウィズ豊川」の利用条件を変更いたします。

また、緊急事態宣言が解除されるまで、施設の利用は午後8時までとさせていただきます。

利用条件等、詳しくはこちらをご覧ください。
投稿者

総務課総務係

画像

ファイル

題名令和2年度介護・生活支援サポーター養成講座を開催しました。(令和3年1月7日)
内容
 高齢者の皆さんが住み慣れた地域でいきいきと暮らしていけるよう、近所や地域の困りごとを知り、ちょっとした支援を行う「介護・生活支援サポーター」養成講座を開催しました。
 11月5日(木)を皮切りに、12月3日(木)までの約1か月間、全5回の日程で、計20名の皆さんが受講されました。
豊川市の高齢者の現状や、介護保険制度、認知症について理解を深めたり、高齢者の介護予防や健康管理等幅広い講義を通して、「介護・生活支援サポーター」が地域で必要とされている背景や高齢者に携わるうえでのポイントを身に付けていただきました。また、現役のヘルパーさんを講師にお呼びし、高齢者宅を訪問し生活を支援する際の具体的な留意点等について学びました。
 受講者からは、「今まで自分自身が思っていた以上の多くの“気づき”がありとても参考になった」という声や、「今ある制度を利用しつつ、地域での声掛けを大切に、地域の過ごしやすさが確立されてくると良い」との声がありました。
今後ますます、地域の皆さんの手による支え合いの活動が求められています。社会福祉協議会としても、サポーターのさらなる養成、また受講された皆さんの活動を支援していきます。受講者の皆さん、ありがとうございました。
2月にはフォローアップ講座の開催も予定していますのでぜひ多くの皆さんの受講をお待ちしています。

フォローアップ講座の詳細はこちら
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名新年のごあいさつ(令和3年1月4日)
内容
あけましておめでとうございます。
市民の皆さまにおかれましては健やかに新年を迎えられましたことと心からお慶び申し上げます。
日ごろから本会の活動に多大なご支援・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
昨年から新型コロナウィルスの感染が世界的に拡大し、人々の健康や生命のみならず、経済、社会に大きな影響を及ぼしており、今もなお事態の収束は見通せない状況となっています。
本会は、地域住民、ボランティア、民生委員・児童委員をはじめ福祉関係団体等の皆さまとともに、誰もがいきいきと安心して暮らせる地域社会をめざし、つながりづくりを進めてきました。しかしながら、新型コロナウィルス感染症の拡大は、人と人とが互いに距離をとり、接触する機会を減らすことが求められ、地域福祉活動やボランティア活動は休止や延期を余儀なくされました。
この間、閉じこもりによる高齢者の虚弱化の進行や社会的孤立の深刻さが増し、あらためて人と人とのつながりや地域社会での支え合いの大切さを再認識し、地域で住民相互の支えあいの仕組みづくりを進める本会の役割や活動が、重要であることを感じることとなりました。
本年は、政府が示した「新しい生活様式」を意識し、コロナ禍においても関係団体の皆さまと連携・協働し、「ふれあい 支えあい 元気なまち とよかわ」の実現に向けて、様々な取組みを進めてまいりますので、引き続き、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
この状況が一日でも早く収束へ向かいますことと、皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げ、新年のあいさつとさせていただきます。
	
社会福祉法人 豊川市社会福祉協議会 会長 伊藤憲男


 
投稿者

総務課総務係

画像

ファイル

題名ホームページの情報を更新しました。(令和3年1月4日)
内容
令和3年1月4日付でホームページの情報を更新しました。

詳しくは更新履歴 
をご覧ください。
投稿者

総務課総務係

画像

ファイル

題名三上地区、睦美地区にて地域福祉懇談会を開催しました!(令和2年12月28日)
内容
 11月14日(土)三上地区、11月28日(土)睦美地区において、地域の皆さまにお集まりいただき、“誰もが安心して住みやすいまち”の実現に向けて、地区の地域課題について考え、振り返る場として「地域福祉懇談会」を開催しました。 
 【三上地区】テーマ:『地域での憩いの場所、集いの場所について』『コロナ禍における多世代交流について』
 三上地区では地域住民の集い・交流を大切にし、サロン活動や芋煮会、住民が集える庭園の整備など、特色ある活動を展開しています。コロナ禍の状況においても、交流の機会を絶やしてはいけないと、感染予防に努めながら工夫して活動を継続しています。各活動の情報共有をはじめ、次年度に向けた活動の構想など、コロナの先を見据えた意見が多数あがりました。また、コロナ禍で大きな行事が出来ない中、児童の登下校時の挨拶や買い物先でのおしゃべりなど、日々の生活の中でのちょっとした交流を大切にしていこうと話し合われました。
 【睦美地区】テーマ:『地域での見守り活動、繋がりづくりについて』
 コロナ禍で繋がりを作ることが難しくなっている今、睦美地区では新たな取り組みとして、行事等のメール配信や、Zoomを利用して役員会を開催する町内があると伺いました。従来通りの活動が難しくなっている今、閉じこもりがちになり、身体機能等が低下する高齢者も少なくないそうです。そのため、このような新たな情報ツールも活用し、町内の役員や民生委員だけでなく、地域全体で見守りの意識を高めていくことは出来ないかと話し合われました。
 当日はお忙しい中、両地区とも懇談会にご参加いただきましてありがとうございました。私たち社会福祉協議会も、集いの場の創出や繋がりづくりに向け、支援を継続していきたいと思います。
 
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名一宮東部地区にて地域福祉懇談会を開催しました!(令和2年12月23日)
内容
11月27日(金)一宮東部地区において、福祉委員の皆さんにお集まりいただき、地区の地域課題について考え振り返る場として「地域福祉懇談会」を開催しました。 
テーマ:『コロナ禍における地域福祉活動について』
例年であれば、民生委員や各町内の役員の方等に出席を依頼し、日頃の地域福祉活動について多くの方に知っていただく機会となっている地域福祉懇談会ですが、今年度はコロナ禍のため、少人数で開催しました。実際にふれあいサロン活動に携わっている皆さんや、一宮中学校区全域を対象とした会食ボランティアの代表の方等に集まっていただき、日頃の活動運営や、コロナ禍でどのように変化しているか等の活動状況について意見交換がなされました。
同地区内の別の活動団体の状況を共有することで、少しでも活動の一助になればと感じます。今年は新型コロナウイルスの蔓延により、活動にあたり多くの悩みや不安に見舞われた一年であったように思います。長年続く、ふれあいサロンや会食会等の地域の支え合い活動が、「新しい生活様式」で今後も継続していけるよう、社会福祉協議会も地域の皆さんに寄り添いながらサポートしていきます。
懇談会に参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名令和2年度豊川市地域福祉活動推進セミナーを開催します!(令和2年12月15日)
内容
 豊川市社会福祉協議会では、豊川市を「みんなでつくる支えあいのまち」にするために、市民の方に福祉について考えていただく機会として毎年、地域福祉活動推進セミナーを開催しています。
 今年度は「高齢者の社会参加と健康づくり」がテーマです!
社会参加や人との交流が高齢者の健康にどのような影響を及ぼすのかについて知り、高齢になっても心身ともに健康で生きがいを持ち、心豊かな日常生活を送る上で社会や人との関わりの重要性について学ぶ機会とします。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしています!!

◎日 時:令和3年2月20日(土)午後1時30分〜午後2時45分
                (開場:午後1時〜)

◎場 所:豊川市文化会館 中ホール(豊川市代田町1−20−4)

◎テーマ:「高齢者の社会参加と健康づくり」
      講 師:近藤 克則 氏
      千葉大学予防医学センター 社会予防医学研究部門教授
      国立長寿医療研究センター 老年学評価研究部長

※新型コロナウィルス感染拡大により対面式の講演が困難な場合、実施方法を変更する場合があります。

◎お申込み 下記申込先まで電話又はFAXにてお申込みください。
      令和3年1月5日(火)午前9時から受付開始 
      ※定員は224名です。
  
*入場無料です。
*手話通訳・要約筆記あります。

 詳細については、下記のチラシをご覧ください。

豊川市地域福祉活動推進セミナーのチラシはこちら (クリックすると、チラシにリンク)

<申込先・問い合わせ先>
地域福祉課地域福祉係 電話 83-5211 FAX 89-0662
投稿者

地域福祉課地域福祉係

画像

ファイル

題名中条連区で地域福祉懇談会を開催しました。(令和2年12月11日)
内容
11月17日(火)に中条地区市民館で地域福祉懇談会を開催しました。
連区長をはじめ、各区長、民生委員、福祉委員の方々23名が集まり「地域に見守り活動を推進していくためには」について意見交換を行いました。
中条連区では、現在民生委員と福祉委員が協働して地域の独居高齢者の見守り訪問活動を行っています。
コロナ禍で閉じこもり傾向にある独居高齢者の安否確認の現状について参加者間で情報共有が図られました。
参加者からは「民生委員と福祉委員だけで見守り体制は十分でない。」「民生委員と福祉委員が誰なのか地域住民に知られていない。」などの意見が出ました。
 中条連区で独居高齢者の見守り体制が充実するためには、より多くの地域住民に見守り訪問活動を知っていただく必要があることが見えてきました。
今後も中条連区の見守り訪問活動が充実していくように豊川市社会福祉協議会も継続して支援させていただきます。
当日はお忙しい中、懇談会にご参加いただき、誠にありがとうございました。

  


投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名宗教法人 世界心道教 様から寄附をいただきました。(令和2年12月2日)
内容
令和2年12月2日(水)に豊川市役所において、宗教法人 世界心道教様から豊川市と豊川市社会福祉協議会にご寄附をいただきました。
社会福祉事業等に活用させていただきます。ありがとうございました。
(社会福祉協議会50万円、愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会50万円)

 
投稿者

総務課総務係

画像

ファイル

題名御津南部地区地域福祉懇談会を開催しました。(令和2年11月27日)
内容
 11月20日(金)御津福祉保健センターにて御津南部地区地域福祉懇談会を開催しました。市議会議員、連区長はじめ福祉委員等15名の地域の方々が集まり、福祉委員長を中心にコロナ禍における地域福祉活動について「現状の活動報告」「今後の活動について」意見交換を行いました。
 「現状の活動報告」について出された意見としては、7月〜8月にかけて約半数の福祉会が活動を再開しており、「毎月、楽しみ。やってね。」と参加者に言われ継続を考えているところや「寂しい人が多いのでコロナ禍だからやめるのはどうか?」という意見がありつつも「最近、コロナの患者が増えてきたので開催をどうしようか?」など悩んでいるところもあり、各福祉会が模索しながら活動をしている状況が感じられました。
 「今後の活動」については、「コロナ後、以前のようにやれる気力があるかどうか。後任を探したい。」「サロンをやめてしまうとぼけてしまう。やめてしまうと世間の事が分からなくなってしまうので続けたいと思っている。」「昔は安否確認の事業で乳製品の配布をして見守りをしていた。見守り体制作り、組織作りが必要。民生委員一人での見守りは無理。」「みんなにボランティアの事を知ってもらいたい。コロナが収まり、来年から活動ができる時には、少しの時間でも活動して地域のためにやってほしい。」など、地域福祉活動の重要性に対して様々なご意見をいただき、皆さまの地域福祉活動に対する強い思いが感じられました。
 コロナ禍での開催となりましたが懇談会にご参加いただきましてありがとうございました。社会福祉協議会としては、今回のご意見を参考として地域福祉活動が円滑に行えますよう応援してまいります。
  
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名令和2年度地域福祉活動者フォローアップ研修を開催しました。(令和2年11月18日)
内容
 福祉委員及びボランティアを対象とした地域福祉活動者フォローアップ研修を開催しました。
〇開催日時 令和2年11月16日(月)13:30〜15:00
〇開催場所 豊川市勤労福祉会館 大研修ホール
〇研修内容 講義:「コグニサイズで若々しく!」
         〜地域みんなでフレイル予防〜
      講師:S−studio 健康運動指導士
         伊藤 聖子 氏
〇参加者数 47名
 コロナ禍において高齢の方がフレイル(虚弱)になる事が心配されます。フレイルには身体的、精神的、社会的要素の3つの要因があり、フレイル予防には「人とのつながり」が重要であること。ボランティア活動や地域活動は、活動者自身のフレイル予防になることを教えていただきました。
 伊藤先生は、地域で高齢者向けの体操を指導している立場で、活動者向けに分かりやすく話をしていただき、現在のコロナ禍では、どのように工夫して活動して行けば良いのか?マスク等の着用、定期的な部屋の換気、参加前の検温はもちろん大切だが、熱がなくてもふらふらする等、少しでも体調がおかしいと思う状況では参加しないこと。以前より水分補給をこまめに、最低1時間に1回は摂ること。レクレーションにおいては2人組の対面で行う事は避け、指導者1人対多人数で距離を取って行うことが望ましいことなど具体的に教えていただきました。後半では、サロン活動で行えるコグニサイズや認知症予防体操を実際に体験しました。
 参加者からは「伊藤聖子先生のお話がとてもわかりやすく「すっと」心に入ってきました。」「とても分かりやすく楽しい講習でした。さっそくサロンでやってみたいと思います。」「サロン活動において手芸工作などの合間に軽い体操を入れるようにしています。時間を短くするためカットする時もありますが、やはり体操を入れた方が良いと思いました。」「フレイルの言葉は知っていたが、予防法が分かり良かった。」などたくさんの感想をいただきました。
 地域福祉活動は、地域のつながり、人とのつながりにとても大切な役割を果たしています。豊かな地域づくりに向けて、今後もサロン活動が継続していけるよう支援をしてまいります。
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名〜〜秋の緑綬褒章(社会奉仕活動功績)〜〜 (令和2年11月5日)
内容
豊川奇術同好会(代表:定盛昌義氏)に令和2年 秋の緑綬褒章(社会奉仕活動功績)が授与されました。
34年もの長きにわたり、技術向上に励みながら、様々なマジックを地域の子ども会や老人会、福祉施設などで披露し、たくさんの方をあっと驚かせ笑顔にしてきました。今回、このような活動が評価され受章となりました。誠におめでとうございます!
 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名令和2年度隣近所のふれあい推進協働事業『フォトコンテスト』の表彰式を行いました!!(令和2年11月2日)
内容
令和2年10月27日に豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」にてフォトコンテストに入賞された方々の表彰式を行いました!!
本年度は、市民の皆さまから38点の写真の応募をいただき、その中から豊川市社会福祉協議会長賞1点、ひまわり農業協同組合長賞1点、審査員特別賞3点、入選10点を選出しました。優秀作品15点については、豊川市社会福祉会館「ウィズ豊川」正面玄関にて、展示をしておりますので、ぜひとも写真を見にご来館ください!

  
投稿者

地域福祉課地域福祉係

画像

ファイル

題名豊川手話サークルやじろべえ創立45周年記念誌発行について(令和2年10月8日)
内容
『豊川手話サークルやじろべえ』が創立45周年を記念して、記念誌を発行されました。昭和50年に結成され、手話学習、手話の市民への普及等に取り組んできました。今回の記念誌は、ろうあ者の方が運転免許獲得までの苦労と涙の貴重な記録を中心にまとめられています。道路交通法の改正(平成20年6月)によりワイドミラーの装着と聴覚障害者標識表示の義務のもと、全く聞こえない人も免許取得が可能となりました。
記念誌は豊川市社会福祉協議会に寄贈され、また、市内及び近隣の手話サークル等にも配布されました。
 

 
 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名中部西地区、牛久保地区にて地域福祉懇談会を開催しました!(令和2年10月5日)
内容
8月25日(火)中部西地区、9月3日(水)牛久保地区において、地域活動者の皆さんにお集まりいただき、“誰もが安心して住みやすいまち”の実現に向けて、地域課題について考え、振り返ることを目的に「地域福祉懇談会」を開催しました。 

【中部西地区】テーマ:『コロナ禍におけるサロン活動の進め方について』
中部西地区では、コロナ禍における高齢者の引きこもりが心身機能の低下を招いてしまうとことを危惧し、休止中だったサロン活動を7月に再開しました。今回の地域福祉懇談会では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮しながら地域の高齢者が地域の集いの場(地域サロン)に安心して参加していただくために、運営側としてどのようなことに配慮し、気をつけたらよいか話し合いが行われました。「参加者席の距離を空ける」「お菓子は持ち帰りに変更する」「演奏会などのイベント的なものから簡単な小物作りを取り入れる」など、知恵を出し合った意見交換が行われました。予断を許さない状況が続きますが、コロナに負けず、今後も地域の皆さんとアイデアを出し合って、参加される方・地域活動者の皆さんが安心して参加できるよう、社協としてもサポートしていきたいと思います。

【牛久保地区】テーマ:『牛久保地区における見守り活動について』
 牛久保地区での「孤独死」を例に取り上げ、見守り活動の実態調査と課題を把握するため、事前に地域活動団体へ「見守り活動アンケート」調査を行い、牛久保地区における見守り活動について意見交換を行いました。意見交換の場では、地域の防犯会や福祉委員、民生委員児童委員、連区長会等の各組織ではしっかりと活動がなされているものの、それぞれ他の地域活動団体と情報共有や連携体制が整っていないことが牛久保地区の課題として挙がり、「毎月〇曜日の〇時から連絡会を実施しているよ」「毎月の会議を通じて、他メンバーに呼びかけはできる」など、他団体との連携を取るきっかけを得ることができました。今後、皆さんにご回答いただいたアンケート調査の結果を地域活動者の皆さんと共有し、振り返っていきたいと思います。
当日はお忙しい中、懇談会に参加していただきありがとうございました。

 
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名令和2年度「赤い羽根協力店」の募集をします!(令和2年8月17日)
内容
日ごろは、赤い羽根共同募金運動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会では、10月1日から始まる赤い羽根共同募金運動にご協力いただける「赤い羽根協力店」を募集しています。
◇ 対象
  市内のスーパーマーケット、商店及び事業所
◇ 協力いただく内容
1 店頭にステッカーを掲示
2 赤い羽根共同募金運動期間中にポスターの貼付及び募金箱の設置
◇	申し込み(問い合わせ)
  愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会
(豊川市社会福祉会館 ウィズ豊川内)
   豊川市諏訪3丁目242番地
電話(0533)83−5211
    FAX(0533)89−0662
投稿者

愛知県共同募金会豊川市共同募金委員会

画像

ファイル

題名〜〜「おもちゃ図書館バンビ」及び「おもちゃ病院」の再開について〜〜(令和2年8月4日)
内容
「おもちゃ図書館バンビ」及び「おもちゃ病院」を再開しました。
ただし、「おもちゃの貸出し」と「おもちゃ病院」のみとしています。
利用時間は14:00〜16:00です。
その場で遊ぶこと(「あそび場」)については、8月から再開を予定していましたが、コロナウィルス感染拡大の予防から当面の間、控えてもらいます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

●「おもちゃの貸出し」について
 ・おもちゃ図書館のおもちゃの貸出しをしています。家に持ち帰り、遊ぶことができます。
 ・おもちゃの台帳(写真)をみて、貸出し用おもちゃを選んでもらいます。
 ・貸出すおもちゃの数は1家族3品までです。
 ・貸出し期間は原則14日以内です。
・おもちゃの返却は、貸出しされた日の次回の開催日に返却してください。

●「おもちゃ病院」について
 ・おもちゃドクターが壊れたおもちゃの診察・修理を行います。
  壊れたおもちゃは捨てる前に、おもちゃドクターに診察してもらいましょう。
 ・修理費は原則無料ですが、特殊な部品材料などが必要な場合は、ご相談のうえで実費をいただく場合もあります。
 ・壊れたおもちゃの部品や入っていた箱・説明書があれば一緒にお持ちください。
 ・修理できないおもちゃ……TVゲーム機、電子ゲーム、エアーガンなど

「令和2年度おもちゃ図書館バンビ開催予定表」は
こちら 
投稿者

地域福祉課

画像

ファイル

題名「豊川市における運転免許返納者のための社会資源一覧(令和2年6月版)」 の配付について(令和2年7月20日)
内容
豊川市社会福祉協議会では、高齢者の生活に役立つサービスや地域の集いの場の情報を豊川市と協働で収集し、広く公表することで、高齢者の皆さまが、地域で生きがいを持ちながら、安心して暮らせるまちづくりを推進しています。
この度、高齢者の皆さまが免許を返納した後の生活に役立つ「配食」、「家事援助」、「外出支援」に関する情報をまとめた「豊川市における運転免許返納者のための社会資源一覧(令和2年6月版)」を作成しましたので、ぜひ、ご活用ください。
なお、本社会資源一覧は、市内各高齢者相談センターの窓口でも配付しております。

「豊川市における運転免許返納者のための社会資源一覧」令和2年6月版はこちら 
※本社会資源一覧は毎年6月・12月の年2回情報の更新をしています。
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

題名Hello!ボランティアセンターです!豊川市社会福祉協議会のLINE公式アカウントを開設しました!(令和2年5月1日)
内容
本会では、ホームページとフェイスブックに加えて、
新たに「LINE」公式アカウントを開設しました。

様々な媒体を利用される皆さまのニーズに応えると同時に、
より迅速な情報発信に対応します。

ぜひ、「友だち」登録をお願いします。
詳細はこちら (クリックすると、ダウンロードできます。)です!

こちら
 (クリックすると、ダウンロードできます。)です!

トップページ左上のバナーからも、登録用QRコードを表示できます。
ご活用ください。


【お問合せ先】
(福)豊川市社会福祉協議会 地域福祉課 ボランティアセンター
〒442−0068 豊川市諏訪3丁目242番地
(電話)0533−83−0630(FAX)0533−89−0662 
投稿者

地域福祉課 ボランティアセンター

画像

ファイル

題名令和2年度福祉出前講座のご案内【新講座あります!チラシ・申込書を掲載!】(令和2年4月6日)
内容
 豊川市社会福祉協議会では、市民のみなさま方に福祉やボランティア活動などへの理解を深めていただくため、「福祉出前講座」を開催しています。
今年度は、新たに「コグニサイズで認知症予防!」「介護者教室」と題する講座を追加していますので、老人クラブや地域福祉活動推進委員会の勉強会などに是非ともご活用いただきますようお願いします。
詳しい内容とお申込み方法については、添付のチラシ及び申込書をご覧ください。
多数のお申込みをお待ちしています。
1.チラシこちらこちら
2.申込書こちら
投稿者

地域支援課

画像

ファイル

お知らせ編集ページへ

Copyright(c) 豊川市社会福祉協議会 2002 All Rights Reserved

もどる